当院について

全国でも数少ない夜間専門の救急動物病院

年中無休診療

夜9時から翌朝5時まで専任の獣医師・動物看護士が365日常駐するほか、多数のボランティアの獣医師が交代で診療にあたります。夜間専門の専任スタッフで、朝までの診療体制を確保します。

専門設備充実

これまで地域の動物病院が交代で行っていた当番医制の夜間診療ではなく、九州初の固定した施設です。専門設備を導入し診療レベルを高め、夜間の救急医療体制を整えています。

公共性重視

福岡県獣医師会に所属する57名の獣医師が共同出資して設立。現在は 約100名の獣医師が会員病院になっています。利益の追求を目的とするものではなく、公益性を重視して運営します。

代表挨拶

平成16年に開院しました夜間専門の救急動物病院です。
これまでは動物が夜急に具合が悪くなった時、飼い主様が自分で電話連絡等を行い受け入れ可能な動物病院を探すしか方法がありませんでした。
また、受け入れ動物病院の方も昼間の通常診療よりも少ないスタッフでの対応となることが多く、また、昼間の通常診療を行いながら常時夜間の救急疾患を受け入れることは不可能に近く、身体的かつ精神的負担も多大なものとなっておりました。
そこで、福岡県内の獣医師57名が協力し夜間専門の救急動物病院を設立し、年中無休で夜間の診療を行っております。診療に関しては夜間専門の経験豊富な獣医師及び動物看護師が対応しておりますが、夜間診療という性格上、殆どの動物が初診であるため、詳細な問診、検査等が必要となることが多く、診療料金がやや割高になることや待ち時間が長くなってしまうこと等ありますので、飼い主様のご理解の程宜しくお願い致します。
また、当院は法律上やもう得ず株式会社ということで運営されておりますが、公益性を重視して利益の追求をしないという理念のもと、役員及び運営委員となられた獣医師のボランティアによる共同運営となっております。
現在は、会員の獣医師も97名となり、年間の来院数も5000名以上を数え、当地域においてかけがえのない動物病院となっていると言っても過言ではないと考えております。
今後とも、役員はじめ運営委員の獣医師、及び病院スタッフ一同、最高の診療を提供できるよう心がけてまいりますので、ご理解、ご協力の程宜しくお願い致します。

株式会社福岡動物臨床研究所
代表取締役 杉山伸樹

役員・顧問

代表取締役 杉山 伸樹 海の中道動物病院
取締役 佐藤誠剛 リヴ動物病院
高橋雅弘 高橋ペットクリニック
土岐学司 筥松ミルキー動物病院
福冨彰 ファミリア動物病院
藤中考二 藤中ペットクリニック
矢野淳 次郎丸動物病院
監査役 浅野潤三 浅野動物病院
執取大幹 執取どうぶつ病院
顧 問 蔵内勇夫 日本獣医師会
草場治雄 福岡県獣医師会会長
三谷節生
学術顧問 平川篤 ペットクリニックハレルヤ
末松正弘 AMC末松どうぶつ病院
高橋雅弘 高橋ペットクリニック